安曇野林檎ナポリタン『食事処 美里』のメニューや評判・価格・口コミは?

美里 TOP.jpg
出典元:食べログ
2017年5月13・14日東京スカイツリータウンで開かれる「カゴメナポリタンスタジアム2017」の関東甲信越大会代表(1)が決定しました!

今回はその「カゴメナポリタンスタジアム2017」の関東甲信越大会代表(1)安曇野林檎ナポリタン食事処 美里』のメニューや評判・価格・口コミを調べてみましたー!

ちなみに、安曇野市公式HPでは・・・
【安曇野林檎ナポリタン】とは、平成25年に安曇野の自然の恵みを活かしたご当地グルメとして開発されました。
安曇野産の林檎とともに、チーズを活用したもの、スパイシーな味付けのものなど、お店により様々な味が楽しめるのも魅力です。

なるほど、流行のご当地グルメのようですが、その感想や評判はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク




安曇野林檎ナポリタン『食事処 美里』の地図や駐車場は?


外観.jpg
出典元:食べログ


住所:長野県 安曇野市 堀金烏川 5059-15

アクセス:大糸線豊科駅より車10分
     柏矢町駅から2,220m

TEL:0263-72-6952

営業時間:ランチ11:00~(L.O.14:30)、ディナー17:00~(L.O.21:30)

駐車場:30台

駅からも若干遠いので、車で来店される方がよさそうですね。
駐車場も30台完備されているようなので、ある程度余裕を持って停められそうです。

安曇野林檎ナポリタン『食事処 美里』の人気のおすすめメニューは?


店内1.jpg
出典元:食べログ
店内はなんだか店主のこだわりの感じられる内装になっているようです。
食事処 美里』に来店された際には、是非注目しておきたい所ですよ。

さて、気になる『食事処 美里』メニューなんですが、ナポリタンスタジアム2017にも出品されている【安曇野林檎ナポリタン】は・・・
メニュー1.jpg
出典元:食べログ
リーズナブルな価格がうれしい、900円!

ご当地系のこだわりパスタだと、だいたい1200円くらいを想像してましたが、この安曇野林檎ナポリタンは意外とお手ごろな価格がうれしいですね。

ちなみに、その他の『食事処 美里』のメニューは・・・
メニュー2.jpg
出典元:食べログ
メニュー3.jpg
出典元:食べログ

なるほど。
普通の定食系も揃えていて、こちらは800円ラインですね。
店名は「食事処」と和風なネーミングですが、メニューにはナポリタン、カルボナーラからイカスミまで。
王道パスタをしっかり網羅してます。

で、よく見ると、カレーもその価格と品揃えから見ると、こちらもおすすめメニューのようですね。

安曇野林檎ナポリタン『食事処 美里』の口コミは?


<食べログより抜粋>
口コミ1.jpg
出典元:食べログ
【パクチー子さん】
㊗️に高齢の母、姉、私と平均年齢50代の女性3人でランチタイム後半に伺いました。
「色々あるよ(^O^)」と友人から噂は聞いていました。

看板、造りは和風食堂!
中へ入ると…びっくり!
水族館!お酒の瓶の内装!
畳の和室に、幅広い年代がどれかは読みたい漫画!

高齢の母には「ちょっと…」かなと思ったのはお料理が来るまでのほんの数分でしたf^_^;

80代の母→温かい月見そば
60代の姉→美里ランチ
40代の私→ナポリタン(鉄板玉子)

どれも美味しい‼

まず母のお蕎麦は快く柔らかめに茹でて頂きました。
蕎麦も母の希望の柔らかさ、汁も濃すぎず薄すぎず「美味しい、美味しい」

周りのお客さんも多数注文の美里ランチは、ワンプレートにサラダ+エビフライ+メンチカツ+その他揚げ物。
メンチカツは手作りの為、もたれない、胃に優しい!味噌汁、糸瓜の早づけ。
ナポリタンはあまり量も多くなくて良い。

どの年代、色々食べたい時、何を食べたいか悩む時絶対行って正解!です。
何でもあります!味も良い!
お子様は大きな水槽に釘づけ!
お酒もあり!

次回来店は何を食べようか…?

スポンサーリンク




口コミ2.jpg
出典元:食べログ
【えんぼう】
定食類から麺類、単品まで。
このメニュー数はなかなか見ないかと。

ランパス系の冊子「500円でどうずら5」で利用。

もつ煮込み定食800→500円
国産ホル天600円

店内は結構大きいですね。
座敷とテーブル席両方あります。
座敷は結構大人数の宴会が出来そう。
テーブル席は壁のL字に向かって熱帯魚の水槽がびっしり。
水槽の前にはフィギアが沢山並んでいます。

また、一角には魚系の雑誌と漫画の棚もあります。
ちょと面白い作りのレストランかもね。
一昔前をちょと思い出させるような内装でもあるかな。
個人的にはちょっとテーブル席は落ち着かないかも。
というか照明が少し暗い感じがすると座ってから気がついた。

【もつ煮込み定食】
もつ煮は味噌仕立て。
麹味噌でもつかってるのかな。
かなり甘い仕上がりですが、なかなか好きな味でした。

ごはんは大盛り位はあるんじゃないかな。
ご飯、なかなかおいしいと思いました。
冷奴は海苔とねぎが乗ってます。
タレもかかってました。
サラダは野菜が高い時期に嬉しいです。
漬物は野沢菜味噌汁も普通です。

うん。。。。500円なら当然すごいですよ。感謝です。
でも、これを800円といわれると。。。夜だから相応だといえばそれまでなのですが、もう少し工夫あっていいかもというのは彼氏と私で意見がある程度一致。
夜に千円以下で食事がとれるのはいいけれど、800円かぁ・・・というのが正直な感想。
もつ煮定食だからもう少しモツがほしかったです。
正直、総合的に見ても通常価格ならリピートしたいといえるCPではないかな。。。

まず、ごはんは「安曇野産はぜ掛米」とのこと。
安曇野とはこのお店のある地域のことです。
お米さ、おいしいのだけど。。。まず「皿」での提供が味を大きく落としてると思いました。
皿での提供は冊子の写真であらかじめわかっていた事です。
500円だからありだけど。。。800円の定食の価値として考えるとき、この皿での提供はCPを落とす原因になりました。

ライスを皿で提供する場合ご飯の表面積増える分、冷めるのも早いし表面が少し乾きやすい。
折角のご飯も食べ進めるにつれてどんどん冷めて乾いていきます。
茶碗で食べるより保温力は減るし表面の乾燥も速く美味しさは減ってしまいます。
ごはんを皿で食べるのはナイフ・フォーク・スプーンなどの道具を使う際、食べにくいから皿での提供というのならわかるのですが、なにか理由があるのでしょうか。
それとも皿の方がこの米は美味しく食べれる??
彼氏は「もつ煮定食に皿でごはんは違和感ありまくり。皿は手で持って食べれないから食べにくい」とぶーたれ。
写真はみたけど本当に皿でご飯だと思わなかったらしいです。
(茶碗が足りないというほど混んでなさそう。むしろ2,3組しかいなかった記憶が)

おかずの量。
もつ煮の塩分は高くもメインのもつの量少々少なすぎると感じました。
全体のおかずの量とご飯の量のバランスが取れていると思えません。
もつそのものの増量はもちろんですが、または大根やニンジン、こんにゃく等の大きめカットをいれても宵のではないかなと思いました。
漬物も野沢菜カット3切れ。
漬物は大抵残すか無理やり食べる私でもちょっと足りないというか。
漬物の量が非常に中途半端だと彼氏もぶつくさ。

豆腐とサラダでごはんを食べる・・・ちょっと違う気がします。
なんだろう、全体的に気持ちヘルシーな感じをうけたかも。
ごはんの量はたっぷりなんですが、やはりメインの少なさでしょうね。
(これはランパスだから?でも定価800円のものを500円と掲載してる以上は800円の品を出すべきだと私は考えています)
私はサラダでOKでしたが、彼氏的には「サラダより煮物とかのほうが夕飯としてのボリューム感はあるのではないか」とのこと。

【ホル天】
ちょうどこの店に向かう途中、私が広島で食べたホルモンの話をしてたんですよ。
そしたら丁度ホル天ありまして彼氏が食べたいと。
当初は「安曇野林檎ナポリタン」をもつ煮と別に1皿追加予定で訪れたのですが、急遽ホル天に変更です。

う~ん。。。広島が安すぎました。
この量なら天ぷらだけなら広島で200円しませんでしたから(汗)
それはそもそも比較が無理だというのはわかるのですが、味についてもなぁ。
美味しいんですよ。確かに。
これが600円なら居酒屋メニューとしてオーダーしてよいと思います。

このお店、とにかくメニューが多いです。
ご飯の定食類からパスタ、ラーメン、うどん、ピザまで。また、長野の食材にも力をいれてるそうです。
近年売り出してきた「信州サーモン」(ニジマスとブラウントラウトをあわせたらしい)の丼や「安曇野林檎ナポリタン」といってりんごをつかったナポリタンなど安曇野エリアで町おこし的に売り出しているメニューも置いてあることでよく耳にするお店でした。(私も数年前に「信州サーモン丼が美味しい店」とこちらの店の評判は耳に入ってました)

店内はお金がかかってるなというのが印象的でした。(熱帯魚や大きな魚やカメなど水槽の数にびっくり。維持費だけですごそうです)
なのでCPに反映されてるのかな?と二人で話してました。
だから、一種、魚やフィギアなどそういう面で楽しめるのなら逆に付加価値は上がると思います。

次回はあえてピンポイント狙いで安曇野林檎ナポリタン(ここのナポリタンは美味しそうで食べてみたい)と信州サーモン丼かなとは思っています。
特に安曇野林檎ナポリタンは今、安曇野でご当地グルメとして頑張っている品。
リンゴを使ったナポリタンです。
これは食べてみたいです。

安曇野林檎ナポリタン『食事処 美里』おすすめメニューや評判・口コミまとめ


いかがでしたか?

食事処というネーミングとはある意味ギャップがあるようで、定食からこだわりカレーもあり、またパスタの種類も充実。
ご当地メニューの「安曇野ナポリタン」もお手頃な価格で提供されています。

口コミでは、「安曇野林檎ナポリタン」のレビューはありませんでしたが、是非、「ナポリタンスタジアム2017」で、その味をご賞味くださいませ!!

安曇野方面に足を伸ばした際には、一度伺ってみたいお店かと思いますので、お近くにお立ち寄りの際に利用してみてはいかがでしょうか?

関連記事
【保存版】ナポリタンスタジアム2017出場店舗一覧まとめ
《北海道代表》函館イカナポリタンブラック『カルドカルチョ』とは?
《東北代表》インドリタン『ニューチャーリー』とは?
《関東甲信越代表(1)》安曇野林檎ナポリタン『食事処 美里』とは?
《関東甲信越代表(2)》横浜ベジナポ『隠れ家酒場 横浜ブギ』とは?
《北陸代表》ミートソース版ナポリタン『ミエル』とは?
《東海代表》ナポリタンハンバーグON『洋食のことこと屋』とは?
《関西代表》代表贅沢ナポリタン『KICHIRI』とは?
《中国代表》白い山口女子美ナポリタン『レストハウスたんぽぽ』とは?
《四国代表》道後ナポリタン『サンタサンタ カフェダイニング』とは?
《九州代表》ナポリタン『レッフェル 流通団地店』のメニューや評判・価格・口コミは?


スポンサーリンク







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック