明日教えたくなる!にんべんに学ぶ「正しいかつお節の削り方」とは!?代表髙津克幸カンブリア宮殿出演

TOPかつお節.jpg
カンブリア宮殿で【ダシを支える老舗に学ぶ 時代を生き抜くサバイバル術!】で、にんべん代表高津克幸さんを紹介されましたね。

この番組をご覧になった方は、ダシやかつお節についてものすごく興味を持たれたことだと思います。

そんな方のために、明日、人に教えたくなる「正しいかつお節の削り方」をお伝えします!

スポンサーリンク




にんべんってどんな会社?




出典:https://youtu.be/rgmG4-9CiBM

ダシや鰹節は手間がかかる。

利益も少ない。

だが、日本人として守らなくてはいけない食文化である。

分かってはいるが、それがなかなか出来ない。

そんな日本文化を愚直に守り続けているのが、このにんべんという会社です。

利益や効率性が優先されて非効率的なものは駆逐される、そんな時代に流されないようにうまく舵を取っているのが、にんべん代表高津克幸さんのすごいところ。

日本の伝統を守りながら利益を出す。

ドリアからバームクーヘンまで、ダシを足して料理をうまくする。

一昔前まではそんな発想すらなかったはず。

鰹節一筋300年

業界の常識を破り、伝統を守るための新戦略を追い求め続ける、にんべんは日本に誇る企業のひとつです。



鰹節のプロがこっそり教える削り方



さて、カンブリア宮殿でにんべんが放送されているのを見て、鰹節に興味を持たれたと思いますが、あなたは本物の鰹節をイチから削り器で削ったことがありますか?

古くから高級料亭等では、「鰹節はお客様の顔を見てから削れ」と言われてたくらいに、鰹節は削り立てが一番おいしいものなんです。

そんな事は分かってるけど、知識がないから分からないって方のために、明日人に教えたくなる上手な鰹節の削り方のコツをお伝えします。

動画解説はこちら↓

出典:https://youtu.be/5J3RtAS1O98



【ステップ1 カビをとる】

ステップ1.jpg
出典:にんべん公式HPより

乾いたふきんかペーパータオル等で、鰹節表面のカビを拭き取ってください。

鰹節は濡れてしまうと品質が劣化してしまい、長期保存が効かなくなるので注意が必要です。

濡れふきん等は厳禁です。



【ステップ2 削り器の刃の調整】

ステップ2-1.jpg
出典:にんべん公式HPより
ステップ2-2.jpg
出典:にんべん公式HPより

削り器の鉋〈かんな〉の台座部分を木槌などで軽く叩き、刃の出具合を調整します。

上の部分を叩くと刃が引っ込み、下の部分を叩くと刃が出ます

指先で実際に刃を触ってみて、紙1枚分位触れるぐらいが目安です。

実際に何度か削りながら、薄く削れるように微調整していきます。

まずは、刃を引っ込めた状態から徐々に調整していくのがコツです。

ステップ2-3.jpg
出典:にんべん公式HPより

刃先を触る際は、必ず刃先に対して直角に指を当てるようにして下さい。

平行に指を動かすと、切れる恐れがありますのでご注意ください。


【ステップ3 鰹節を削る向き】

ステップ3.jpg
出典:にんべん公式HPより

聞き慣れないと思いますが、鰹節には目があります

逆向き(逆目)に削ってしまうと、粉々になってしまいます。

ここでは前に押して削る時の方法説明をします。

削り器の刃先の方を自分側へ向けて、鰹節の尾の方を先に向け頭側から削っていきます。

頭側と尾側の見分け方は難しいかもしれませんが、皮を残してある方が尾側となります。

スポンサーリンク




【ステップ4 鰹節の削り方】

ステップ4.jpg
出典:にんべん公式HPより
ステップ4-2.jpg
出典:にんべん公式HPより

鰹節の頭の方から削っていきますが、この際、頭側の斜めの部分を台座にあてがっていくと、尾側が斜め上を向いた状態となり力を込めやすく、鰹節が小さくなってきても握りやすくなります。

3/4くらいの大きさまでは押して削って、それより小さくなってきたら、引いて削っていくという方法もあります。

引いて削る際は、削り器と鰹節を180度回転させて先ほどと同様に削ってください(押すか引くかの違いだけのみ、削る面は同じとなります)。



【ステップ5 保管方法】

ステップ5.jpg
出典:にんべん公式HPより

鰹節はラップで包む、もしくはポリ袋(チャック付)に入れて冷蔵庫で保管です。

ジップロックなんかが便利ですね。

裸のままで冷蔵庫に入れると、乾燥して削る際に粉になりやすくなってしまいます。

削り器は、受け箱や刃回りの溝に粉が残っているので、よく掃除をしてから、湿気のない場所で保管するのが基本です。



どうですか?

意外と簡単ですよね?

鰹節と削り器さえあれば、愛情たっぷりの料理もできちゃうかもです。

また、お父様方は、奥様にちょっぴり上から教えてあげる、なんて事もできちゃいますね(笑)



にんべんの食育体験


食育2.jpg
出典:にんべん公式HPより

にんべんでは、日本食の良さ・だし文化の素晴らしさを実感できる、体験講座も開催しているみたいですよ。

近隣の小学生・中学生を対象に、実際に鰹節を自分で削り、だしを取って試食して、鰹節ならではの「本物の味・本当の美味しさ」を体験するという活動を行っているようです。

2017年3月分までの受付は終了しているようですが、詳しくはにんべん公式HPよりお問い合わせください。

最近、工場見学や職業体験も人気ですので、この機会に是非。



にんべんまとめ



創業300年を超える老舗メーカーにんべんのように、古き良き文化を今後どうやって守っていくかっていうのは、永遠の日本のテーマでしょうね。

固定観念に囚われることなく、常にチャレンジ精神を持って新たな改革を断行していく。

変化する環境と普遍の企業理念、このふたつを両立させる事は容易ではない。

ただ、これを愚直に全うしている企業が、このにんべんという会社なんでしょうね。

ということで、早速明日は、鰹節を探しに行ってみるとしますか?(笑)





人気の記事
TFT(TABLE FOR TWO)代表小暮真久氏カンブリア宮殿に出演!その活動とは!?
ASKA新曲「X1」(クロスワン)配信中!!
「チキンアタック~鶏攻撃の術」が話題沸騰!ヨーデル男の正体が判明!

スポンサーリンク







この記事へのコメント


この記事へのトラックバック