TFT代表小暮真久カンブリア宮殿出演!その活動と寄付アプリとは?

カンブリア対談.JPG
出典:テレビ東京「カンブリア宮殿」より

2月2日の『カンブリア宮殿』に、NPO法人TFT(TABLE FOR TWO)代表の小暮真久氏が出演されます。

そこで今回は、そんなNPO法人TFT(TABLE FOR TWO)代表小暮真久氏を、クローズアップしてみたいと思います。

今や、無印良品・伊藤忠商事をはじめ大手企業や大学でも採用され、「1食20円の寄付が途上国の給食に!」をスローガンに全国約700団体で支持されるその活動内容とは!?

小暮真久が代表を務めるNPO法人TFT(TABLE FOR TWO)とは?

気になるiphoneアプリ「Table For Two」って何?

そんな疑問にお答えします!


スポンサーリンク




TFT(TABLE FOR TWO)とは?


世界の人口約70億人のうち、およそ10億人もの人々が飢餓や栄養失調に苦しむ一方、約20億人が過食が原因で肥満状態にあると言われています。

この深刻な食における不均衡を解消するべく、2007年、日本でTFT(TABLE FOR TWO)が創設されました。

2016年までのおよそ8年間で、日本国内外におけるTFT(TABLE FOR TWO)プログラムへの参加企業・団体数は700を突破!

食堂から始まったこのプログラムは、レストランやコンビニ、さらには自動販売機や披露宴まで、様々な形・サービスで広がりを見せています。

TFT(TABLE FOR TWO)の仕組みは、海外へも広がっています。

2017年現在、アメリカをはじめスイス、イタリアなどヨーロッパ諸国、北欧、中東、そしてアジアの各国など、計14か国で活動を展開中です。

日本国内のみならず、今や世界で支持されている活動だということですね。



TFT(TABLE FOR TWO)という名称の由来



TFT(TABLE FOR TWO)、そのまま訳すと「二人の食卓」。

先進国と開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合う】というコンセプトだそうです。

【TFT(TABLE FOR TWO)に参加することによって得られる地球人としての一体感と思いやりの心が、現在の世界にとって不可欠】。

そんな想いが、このTFT(TABLE FOR TWO)には込められているんですね。



TFT(TABLE FOR TWO)プログラムの仕組みはシンプル



朝食.jpg

1食20円の寄付が途上国の給食に!

社員食堂や学食などで、低カロリーでヘルシーな料理を提供してもらい、その代金の中から20円を開発途上国の学校給食(1食20円)の支援に充てるとういもの。

20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額になります。

つまり、先進国での1食毎に開発途上国に1食が支援されるという至ってシンプルな仕組みです。

2007年に始まったTFT(TABLE FOR TWO)の仕組みに賛同する団体は年々増加しており、現在では約700団体にも!

その寄付金をもとに、ここ9年間で海外の8ヶ国に4300万食の給食を提供。

日本発の社会事業TFT(TABLE FOR TWO)の動きは今、様々な形で世界に広がり始めています。



TFT(TABLE FOR TWO)の特長



第一に、支援する側とされる側の双方にメリットがあるということ。

開発途上国の子どもたちと、先進国の我々が、同時に健康になれるというシンプルな仕組みであるということ。


第ニに、誰でも気軽にプログラムに参加できるということ。

対象となる定食や食品を購入するだけで、TFT(TABLE FOR TWO)に参加できます。


第三に、いつでも参加できます。

食事は、毎日誰でも必ず摂るものです。

毎日の食事を通じて、開発途上国の子どもたちへの支援を行うことができます。



無印良品のTFT(TABLE FOR TWO)への取り組み



無印良品では、店内にレストランを展開する店舗が増えてきています。

そのメニューは、野菜中心のヘルシー料理で、惣菜を好みでチョイスできる「選べるデリ」も人気となっています。

このメニューは、TFT(TABLE FOR TWO)のシステムを取り入れたものだそうです。

選べるデリを注文したお客様が食事をして20円の寄付をすると、その寄付金が開発途上国の給食支援に使われます。

まさに、無印良品の企業イメージとマッチした素晴らしいサービスですよね。

スポンサーリンク




大学生たちのTFT(TABLE FOR TWO)への取り組み



さらにTFT(TABLE FOR TWO)メニューは、大学の学食にも広がりを見せています。

その数は全国で120校以上に上り、さらにはTFT(TABLE FOR TWO)の活動を支援する約2000人以上の学生ボランティアも生まれてきているそうです。

学生は、寄付を集めるために学生ならではのアイデアも実行。

学生が参加するフットサル大会で、得点した点数分だけ寄付金を出すなどして、楽しみながら社会貢献できるシステムをうまく構築。

こういった、学生たちの地道な草の根運動も、TFT(TABLE FOR TWO)の裾野を少しずつ広げています。



海外でのTFT(TABLE FOR TWO)の活動



世界一の経済大国・アメリカでもTFT(TABLE FOR TWO)の給食支援が行われているようです。

なぜ富裕国であるアメリカなのかというと、アメリカは経済格差が激しく、貧困層の栄養が偏った食事や肥満が社会問題になっているからだそうです。

貧困地区の学校給食は、ピザやハンバーガー、フライドポテトなど、高カロリーで安い食材が使われていることが当たり前

その現状を知ったTFT(TABLE FOR TWO)が、アメリカの給食支援を開始。

寄付金を使うことで、ジャンクフードの給食から、栄養価が高く新鮮な野菜を盛り込んだ給食へと変える活動を行っているそうです。


スポンサーリンク




TFT(TABLE FOR TWO)International代表理事小暮真久氏とは?



小暮真久.jpg

<プロフィール>

東京都出身。

【略歴】
1991年 早稲田大学高等学院卒業

1999年 スインバン工科大学工学修士号取得

1999年 マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。

2005年 マッキンゼー・アンド・カンパニーを退社。

同年、松竹株式会社入社。

2007年10月 特定非営利活動法人TABLE FOR TWO 経済学者ジェフリー・サックスとの出会いに強い感銘を受け、NPO法人TFT(TABLE FOR TWO)Internationalを創設。



【著書】

『「20円」で世界をつなぐ仕事』※2009年日本ビジネス書大賞新人賞を受賞



『20代からはじめる社会貢献: 400社が支援した「社会起業」とは』 



『社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた』 



著作物も複数刊行されてるようですね。

過去の社歴も生かし、企業と社会貢献および、それをどう仕組みとして構築していくかということをテーマとされているようです。



TFT(TABLE FOR TWO)沿革


※TFTHP参照

2007年 10月
東京にて本部設立

12月
TFT推進議員連盟が設立

2008年 01月
ダボス会議にてTFT実施

07月
初のTFTブランド食品発売

2009年 03月
『「20円」で世界をつなぐ仕事』(小暮真久著)出版

04月
学生団体TFT UA設立

09月
NYに支部を設立

10月
第1回 世界食料デーキャンペーン「100万人ごはん」開催

2010年 01月
認定NPO法人の認可取得

11月
アジア太平洋経済協力会議(APEC) 首脳夕食会でTFT紹介

2011年 07月
『世界をつなぐ あこがれ企業の社員食堂レシピ』出版

2012年 10月
iPhoneアプリ「Table For Two」がグッドデザイン賞受賞

2013年 04月
第1回日経ソーシャルイニシアチブ大賞 国際部門賞受賞

05月
アジア地域での支援プログラム開始

10月
参加団体が600を突破

2014年 05月
「カロリーオフセット」プログラム開始

2015年 05月
ミラノ国際博覧会の日本館でTFTの活動紹介



気になるiphoneアプリ「Table For Two」とは?



食事の画像をアップするだけで、健康管理と社会貢献が同時にできてしまう「おいしい」アプリだそうです。

日々の食事の写真をスマートフォンでアップするだけで、カロリーと栄養バランスを自動で解析する、東京大学発の技術による食事バランスの診断アプリ

さらに、ヘルシーな食事をアップした場合には、アフリカの子供たちに学校給食が寄付される仕組みになっています。

ヘルシーな食事を食べた時にも、社員食堂やレストランでTFT(TABLE FOR TWO)メニューを食べた時、その写真をアップするだけでアフリカの子供への学校給食費用として、協賛企業から1円がTFT(TABLE FOR TWO)に寄付されというアプリ。

また、登録したヘルシーメニューの合計が5食、10食、20食と増えるに従って、子供達からのスペシャルメッセージも届くそうです。

手軽に・いつでもTFT(TABLE FOR TWO)活動ができるための仕組みとして、このiphoneアプリ「Table For Two」がもっと広く世に知られるといいですね。



まとめ



街頭募金は何だか恥ずかしい。

まとまった額を寄付できるほどの経済的余裕はない。

でも、自分に何かできることはないか?

誰しも考えたことはあると思います。

でも、なかなかできないもんですよね。

そんな我々と開発途上国の子供達を結びつける仕組みが、このTFT(TABLE FOR TWO)なんですね。

別に偽善者になるつもりもないし、カッコつけるためでもないです。

「少しでも自分が他人のためにできることを、無理のない範囲で行うこと」

これがボランティア精神だと思います。

今ではアプリを活用することもできるようですし、この機会に是非、あなたにしかできないボランティアを始めてみてはいかがでしょうか?

人気の記事
井上あさひアナ2年ぶり東京復帰の真相や噂の結婚はどうなった?
NHK大河ドラマ「真田丸」の名言・名セリフの数々を紹介!あの名言も!
謎動画「チキンアタック」が話題沸騰!ヨーデル男の正体が判明!


スポンサーリンク