大河ドラマ「おんな城主井伊直虎」の柴崎コウさん期待高まる!!

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」日曜20時いよいよ8日にスタートします。

今回、主演を務めるのは女優・柴咲コウさん(35)。

放送直前で期待も高まってきてますが、そんな柴崎コウさんの、放送直前の心境やインタビューでの意気込みをお聞きください。

スポンサーリンク




柴咲コウインタビューでの意気込み



柴崎 直虎.JPG

戦国時代遠江井伊谷(現静岡県浜松市)の女性領主として内政に手腕をふるった井伊直虎を演じる。

この井伊直虎は、男性説と女性説が存在しており、このドラマ内でもどう扱われるかが話題となっています。

放送開始前の迫った柴咲さんはインタビューの中で、


「良くも悪くも大河ドラマに対する先入観があまりなく、思い描いているイメージは『大河ドラマ、すごい』

というザックリとしたものしかないというのが正直なところです」


と率直に語ったようです。

大河ドラマ自体にたいする偏見みたいなものは持っていないようで、すんなり入れたってイメージのようです。

また、以下のようにも語っています。


「福山雅治さんが主演を務めていた『龍馬伝』(10年放送)の打ち上げに声をかけてもらって参加したことはあります。

堤真一さんもいらっしゃって、『何で出演者じゃないのに私たちいるんだろう…』と話しましたね。

縁はあるなと勝手に思っていました」


と、その頃から何かの縁を感じていたようですね。


大河ドラマ初出演で初主演という大役。

その重圧は計り知れませんが、

「私は、課題が多ければ多いほど、大きければ大きいほど燃えるタイプだと思っています。

プレッシャーという実感はないですね。

自分ができること、目の前のことを精一杯やっていくのみだなと思っています」

と意気込んでいたようです。



なぜか関連史料が少ないことで有名な井伊直虎

昨年には、直虎とみられる人物が女性ではなく今川家の男性だったことを記した新史料が発見されたことも話題となりましたね。

ですが柴咲さんは、この謎の多い人物像を前向きに捉えているようで


「他のドラマで演じる人物は完全に作られた人物が多いので、それに比べると少し演じやすさはあるなと思いますね。

どういう顔立ちで、どういう服装で、どういう性格だったのかということは残されていませんが、それだけ余白があるので役を膨らませることができます。

作り物としては、作りがいがありますよね。これがベースとなって新たな物語が生まれればいいなと思っています」


昨年放送の大河ドラマ「真田丸」は、全50話の平均視聴率が16.6%を記録。

「江~姫たちの戦国~」(11年放送)以来5年ぶりとなる平均視聴率16%超えを果たして、大河ドラマ復活を印象付けた。

ヒット作の直後ということもあって、否が応でも今作の視聴率に注目が集まることが予想されますが


「気にするのも分かります。一つの指標ですからね」と理解を示す柴咲さんですが、


「演者が気にすることなのであろうかとは常々疑問に思っています。

『ああ、こういうふうに思っているのか』『こういうふうに数字に出るのか』と客観的に受け止められればいいかなと思います」と述べる。

直虎の一般的な知名度は決して高いとは言えないが、「サラリーマンが活躍するドラマがたくさんの人に見られているということもありますよね。

(描かれる世界が)小さいから物語も小さくまとまってしまうということではないと思います。

自分自身で見ることのできない大きい目線で描いたものを見せてくれることがエンターテイメントですが、小さな世界で生きている人たちを丁寧に描くことも一つのエンターテイメントです」


と説得力のある言葉を展開。


「自分たちの生きる社会において参考にできる部分があると思います」


と今作の魅力を語ったそうです。

スポンサーリンク




柴咲コウさんは「おんな城主井伊直虎」第何話から出演?



これまでの大作大河ドラマにありがちなんですが、

なかなか主人公が出て来ない

幼少期からの導入で1話には姿すら現さない

とにかく初登場シーンを盛り上げるためなのか、引っ張ることってありますよね。

で、今回柴咲さんが本格的に登場するのは5話からだそうです。

それまでは子役たちが世界観を描き出すことになるのですが、これについて柴崎さんは


「直虎という人物はあまり世に知れ渡っていないですし、私自身も撮影が始まるまでは知らなかった。

そういったバックグラウンドをきちんと描いてから、直虎という人物をしっかりと描いていけるんじゃないかと思う。

おとわちゃん(直虎の子供時代)たちの演技を見ながら、こういう人物の礎を築いた上で私の出番になったので、やりやすい形で撮影に入らせていただいた」と話した。


初回について

「瑞々しいなと。井伊の国が水が豊かな国でそういった感じをちゃんと描けているなと。清々しさ、清らかさを感じた」

子供時代を演じた新井美羽ちゃん(10)について柴崎さんは

「どこを切り取っても快活で、演じているというより、少女が活き活きと生きているなと感じた」

と絶賛。

「えー!とか、わー!というリアクションは大人になってもそんなに変わらないと思った」とし、美羽ちゃんの演技を参考にしたそうです。

スタッフからちょっとした仕草の共通点を指摘されたそうで、


「乾燥をした唇の皮をむくのがたまたま偶然一緒だったみたいで。まったく一緒だ!って言われました」と笑顔を浮かべたそうです。

感想した唇の皮をむくのが一緒ってどういうことなんでしょう?

正直、想像がつかないんですけど。。。



いよいよ、第5話では、出家し、次郎法師となった柴崎さんがが滝行を行うシーンがあります。

浜松市内で行われた撮影を振り返り、「滝行またしたいです」と笑顔で語ったとか。

「ちょっと病みつきになるかも。早朝からのスタンバイで朝早くからの撮影で、意外と寒くて大変だったんですけど、

いざ滝に打たれてみると、撮影だ!とか、すべてどこかにいっちゃって、“今、私は般若心経を唱えてるな!”というその一心でいた。

こういうのが修行っているんだなと。

目の前に起こっていることだけを見据えて、それ以外のことが排除する、集中力を鍛えるんだなと思った。

1回やったからって忘れちゃうものなので、またプライベートで行こうかなと思います」と初めての滝行にテンションを上げていたそうです。


「おんな城主井伊直虎」まとめ



いよいよ初回放送まであとわずか。

否が応でも期待は高まります。

柴崎さんの、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にかける意気込みも半端じゃないようなので、その作品としての出来栄えについても期待したいところです。

初回「井伊谷の少女」は60分の拡大版で放送です!

関連記事
NHK大河ドラマ井伊直虎は男だった?女城主が男性名にしたその訳は?
NHK大河ドラマ「真田丸」の名言・名セリフの数々を紹介!あの名言も!

スポンサーリンク