このマンガがすごい2017「中間管理録トネガワ」と「金の国水の国」が1位!

その年の人気のマンガ決定する10日発売の「このマンガがすごい!2017」で

ついに、オトコ編とオンナ編の1位が決定しました!

一昨年には、映画化もされた「聾の形」も1位に輝きましたが、果たして今年はどの作品が1位となるのでしょうか?

スポンサーリンク




オトコ編



オトコ編の1位は、人気マンガ「カイジ」シリーズのスピンオフ「中間管理録トネガワ」!

「中間管理録トネガワ」は、「カイジ」シリーズの作者・福本伸行さんが協力し、

萩原天晴さん原作、橋本智広さんと三好智樹さんが作画を担当。

「カイジ」シリーズに登場する巨大企業「帝愛グループ」の幹部・利根川幸雄が、

上司である会長の気まぐれや、部下の的外れな行動に振り回され、

中間管理職として苦悩する姿をコミカルに描いています。

カイジファンにはおなじみの利根川の姿が、なんともたまらない作品です。



オンナ編



オンナ編の1位は、岩本ナオさんの「金の国 水の国」!

「金の国 水の国」は、敵対するA国とB国が、神様の仲裁を受けて、

両国の友好のために国で一番美しい娘と一番賢い青年を送り合う約束をする。

そんな中、A国の姫・サーラはB国の青年と偶然出会う……というファンタジー。

今後映画化もできそうな、幻想的な内容にファンからの人気の高い作品です。



スポンサーリンク





「このマンガがすごい!」とは?



「このマンガがすごい!」とは、1996年にマンガのガイド本として誕生し、

書店員やマンガに精通した著名人などが選出する注目のマンガ賞の一つとして知られている。

今回は15年10月1日~16年9月30日にコミックスが発売された作品が選考対象。

ガイドブックには、上位作品の解説や作者のインタビュー、トップ50のランキングが掲載されている。

520円(税抜き)。



昨年(2015年)の受賞作は?



オトコ編の1位はダンジョン(迷宮)で出会ったモンスターを料理して食べる

九井諒子(くい・りょうこ)さんの「ダンジョン飯」(KADOKAWA)


オンナ編の1位はオタクの社会人カップルの日々を描いたふじたさんの

「ヲタクに恋は難しい」(一迅社)でした。


ちなみに一昨年(2014年)は「聲の形」(講談社)がオトコ編、

「ちーちゃんはちょっと足りない」(秋田書店)がオンナ編の1位に選ばれました。


「ダンジョン飯」はマンガ誌「ハルタ」で2014年から連載を開始。

ダンジョンを探検する人間の剣士ライオス、エルフの魔法使いマルシル、

鍵師チルチャック、ドワーフの剣士センシの4人パーティーが、

冒険の中で出会ったモンスターを捕まえて料理をするという、なんともコミカルな自給自足の生活を描いています。


「ヲタクに恋は難しい」は、SNSサービス「pixiv(ピクシブ)」で人気を集めているウェブマンガ。

アニメやマンガが大好きなヲタクということを、周りには内緒にしている会社員・桃瀬成海と、

ルックスもよくて有能だけど、重度のゲーム好きの青年・宏嵩(ひろたか)の2人を中心にしたラブコメディー。

ニコニコチャンネルで実施された「次にくるマンガ大賞2014」では、

「本にして欲しいWebマンガ部門」の1位になりました。



「このマンガがすごい」受賞作今後の展開は?



やっぱり映像化されるかどうかが気になるところですね。

一昨年は「聾の形」が映画化されましたし、今回の「中間管理録トネガワ」も・・・

「カイジ」自体は、映画化されて大ヒットしましたし、スピンオフ系ではひょっとしたらヒットするかもしれませんね。


「金の国 水の国」は、配役次第といったところでしょうか。

有名俳優を起用して、ガチガチのファンタジー系でいくのか、それとも現代風にアレンジしてみるのか。

いろいろやりようはありそうですが、映像化はちょっとしんどいかなぁ。

いずれにしても、両作品の今後のメディア展開等が楽しみですね。

人気の記事
スーパーマリオランの売上ダウンロード数・課金額は?
3/13発売フルタチョコエッグツムツムセレクションのシークレットの中身を大胆予想!
「この世界の片隅に」気になるあらすじ・興行収入・あの声優も!?
謎動画「チキンアタック」が話題沸騰!ヨーデル男の正体が判明!

スポンサーリンク